天然ハーブブレンドオイルによる防カビ処理

意外と知られていない事実ですが、ユーズドの家具が2ヶ月くらいの輸送中に 湿度の高い、換気がほとんどない、暗いコンテナの中でカビに汚染されていることが結構あります。
ユーズドなのでカビが付着していてもおかしくありません。

↓ コンテナからおろした直後のカビの例


また、高温多湿の日本でマンションなどの湿気がこもりやすい場所では 梅雨の時期など引き出しの中など湿気がこもりやすいところでカビが発生することがあります。
カビを餌にしてダニも発生することがあります。ロールでは小さなお子様の服などがしまわれるかもしれない引き出しなどが交換されず、また消毒もされずに使われるのは
「ちょっと良くないな」
と考えているので、ロールでは引き出しの底板を新しく製作・交換し、さらにアルコールによって拭きあげも行っておりますが、効果が一定期間持続する天然ハーブブレンドオイルによる防カビ処理を行っております。
“㈱サンダルウッド芳香化学研究所”との共同開発で天然のハーブオイルから抽出したナチュラルな素材による防カビ処理なので安心してご利用いただけます。

↓ 左はそのままカビ菌を植えた培地でそのまま培養したもの、右がカビ菌を植えた培地の上に防カビオイルを含ませた脱脂綿をおいたもの。
それぞれ4日ほどおいた経過です。
右側の方が左よりもカビの成長が抑制され、また脱脂綿の周りはカビの成長が抑制されています。