loolが日々、思うこと

可能性がある状態=クリエイティブ

何もしなければ小さくなって消えていく。
今の世の中は、多くの点でアイスクリームみたいだと思います。
収入、家族との時間、好きなお店、友人とのランチ、ジムでのリフレッシュなど、大切なコトが放っておけば、なくなっていく世の中。
反対に多くの不安が熱い炎になって、アイスクリームを溶かします。
不安定な経済、雇用、突然の病気、家族関係、治安、環境問題、少子高齢化、美味しいアイスクリームを楽しむよりも、炎の熱さに恐怖を感じる世の中だと思います。
有限のアイスクリームをできるだけ溶かさず、いかに美味しく味わうか。
限りあるお金や時間という資源制約の中で、望まれる空気感をもつ空間を効果的にご提案したいと考えています。
人間は必ずいつか、この世から消えるから、生きている間に自分が望む生活をしたいと思う人は多いはず。

年に1度南の島へ家族旅行をしたい、月に1度気軽に焼き肉を食べに行きたい、週に1度気軽に好きな服屋さんで服を買いたい、1日に1度オーガニックオイルを入れたお風呂でゆっくりしたい。
やりたいことはみんなあるはずです。

無意味になるような資源の使い方を避けながら、現在や未来に自分が “したいことができる” 可能性を持つ人がたくさんいる社会。
それが豊かであり、クリエイティブな社会だと考えています。

だから、loolは、ビンテージ家具と知識と技術を使って、お客様の時間とお金、そして、したいことができる可能性を守る仕事をしたいと考えています。意味や理由のない「かっこいい」はクリエイティブではない。有限の資源を活用しながら、たくさんの可能性がある状態。それがクリエイティブだと考えています。

そもそもモノを“買う”とはどういうことか

高度経済成長期のインフレ下の日本では物価があがっていたので、高くなる前に物を安く買っていた方が得でした。しかし、デフレあるいはディスインフレの時代には物価は上がらず、下がることもあります。物を買うことは値下がり損のリスクを買う事でもある時代なのです。
可処分所得が下がり続けるゆとりのない時代では、病気や失業や経済状態へのリスクテイクの余地も小さくなります。
モノが売れない、モノを買わない時代のコインの裏には、縮小していくゆとりに対して膨らんでいくリスクへの備えという合理的な意味合いがあると考えています。

そして、このアイスクリームのように溶けていく時代の価値とは、溶けてなくなるアイスクリームを常に両手でたくさん持っているモノの価値よりも、アイスクリームを食べたいときだけ、美味しく食べる方法というコトの価値の方が大きいと考えています。

loolにできること

loolは、ビンテージ家具と知識と技術を“利用”(売る・貸す)して、望まれる空気感を作りながら、“暮らす”ことや“働く”ことに関するコストを小さくしたり、家計や事業体のフリーキャッシュフローを大きくしたいと思っています。

そのためにloolができること。
1) 家具の販売
2) 家具の修理・カスタム
3) 家具を貸す
4) コーディネート・コンサルティング

家具を買う

理想の家具に出会える嬉しさ

ダイニングテーブルチェストビューロードア椅子ソファーなど、ヨーロッパのビンテージの家具を中心に販売しています。日本の人気メーカー、カリモク60などもあります。豊富なストックと職人によるカスタムによって目的に合った家具と出会える確率を高くしています。

家具を修理する

日常的に使うものだから、満足いくものを使いやすい状態に保っていたい

ビンテージの家具は車と同じで、メンテナンスが必要です。お使いいただいているなかで、万が一の場合でも、木工職人によるアフターフォローが可能です。
また、ご購入の前にも目的に合わせて脚のカットや塗装の変更、お好きな生地での張り替えなど、家具のカスタムも可能です。

家具をレンタルする概念

「好きな家具を使うこと」を買う

家族構成や住む場所が変わる度に家具を買い換えたりするのは、ちょっと大変。だから、購入よりもお得なレンタルサービスをご提案します。レンタルした家具にちょっとした不注意で傷をつけたり、塗装が剥げたりしても心配いりません。loolには工房があって職人がいるから、修理ができます。自分で買ったもののようにお使いいただいて大丈夫です。
また、転勤族の方や気ままに生活を楽しみたいシングルさんや新婚さんなどへ賃貸物件等の不動産の仲介も行い、ワンストップで生活する場所をご提案させていただきます。

家具のレンタルに関するお問い合わせはこちら

コーディネイト・コンサルティング

限りある予算や間取り、動線などの制約の中で、いかに効果的に望まれる空間を作るか

loolではインテリアコーディネーターやファイナンシャルプランナー、宅地建物取引士などの専門家が、loolの取扱い商品以外の商品もご提案いたします。loolの商品だけのご提案よりも、お客様の制約に対して全体最適に近いご提案ができると考えているからです。
また、事業者様などには、リスクやキャッシュアウトをできる限り抑制できるような勘定科目の数字から逆算したご提案もさせていただいております。