北欧家具のクリーニング・カスタム - 北欧ダイニングテーブルを例に -

loolで扱っている家具はヨーロッパで使われていた古い家具です。
40年、50年、60年使われていたものなのでちゃんとメンテナンスしなければなりません。
引き出しの底板が悪ければ交換したり、イスの足がぐらついてたり機能や構造に問題があるものはもちろん無料で修理します。

また、ヨーロッパの人たちは日本人よりも平均身長が高いため、イスの脚をカットして調整しなければならないこともあります。
特に日本人女性では脚カットが必要になる場合が多いですが、loolでは実際にお座りいただきながら高さ調整も可能です。
でメンテナンスしています。
ここでは北欧のダイニングテーブルのクリーニングを例に、 クリーニングについてご説明いたします。


北欧家具、デンマークのダイニングテーブル。
40年、50年、60年と使われるとそれなりに傷やシミなどが残ります。
使えば当然ですし、それがアジでもありますが、「きれいに使いたい!」と思われる方もいらっしゃいます。
そんな方にクリーニングのサービスです。

↑ こちらの北欧ダイニングテーブルにはこのようなダメージがありました。
さっそくクリーニングしていきましょう。


1. まずは養生と分解

来たるべき作業の前に、まずは薬剤や塗料などが不必要な場所につかないようにマスキングテープやビニールや新聞などで養生しながら分解します。


2. 剥離

次に剥離作業です。
木と人間の肌はよく似ていて、古い北欧家具などに数十年前に施された塗装は人間でいうとお化粧したまま寝て起きた朝のお化粧と同じ状態です。
特に北欧のダイニングテーブルなどは天板の塗装の劣化は激しい場合が多く性能も劣化しているためクレンジングしてやる必要があります。
クレンジングが剥離だと考えていただければわかりやすいと思います。
仮に古い塗装の上から新たに塗装をしても、お化粧と同じでうまくのらず、劣化が早いのです。
今回は剥離と洗浄をする場合としない場合の違いを分かりやすくするために一部剥離しない部分をとっておきます。↓

↑ ドロドロの剥離剤を塗って30分ほど経つとプツプツと泡がたってきます。古い塗装が溶け出しているサインです。 ベチャベチャですが北欧のダイニングテーブルです。頃合いを見計らってこのドロドロのスライムを取っていきます↓

↑ 垢すりのようなものです。劣化した塗膜や汚れをこそぎ落とします。


3. 洗浄

ヘラでこそぎとってもドロドロのスライムは木の表面にはまだ残っています。
これを水とスクレイパーで洗浄して完全に取り除きます。
完全に取り除かなければなりません。
北欧家具、特にチェストやダイニングテーブルは手がかかります。

ゴシゴシしてもまだ残っています。

ゴシゴシ洗浄が終わると余分な水分を拭き取って1日完全に乾くまで乾燥させます。


4. 洗浄

まずはサンダーで磨いて細かな傷などを調整していきます。

↑ 細かいスジなどは養生してパテなどで埋めます。

↑ エアーを吹いて木の粉を吹き飛ばし、アルコールで濡らして細かな傷を浮き上がらせて確認します。 北欧に限らずダイニングテーブルは面積が広くチェックも時間がかかります。

↑ 細かな傷はスチームをあてて消していきます。

サンダー研磨が終わったら手で研磨します。サンダーの跡が残るからです。手がかかります、北欧家具。

↑ ダイニングテーブルを構成する天板やエクステンション、脚や幕板(天板下の台)などすべてのパーツに同様の作業を施します。

これで一通り研磨はおわり。営業も終わり。明日の朝は塗装に入れそうです。


← 剥離しない方には木の導管に古い塗装や汚れが残ってくろっぽいツブツブのようなものが残ります。
剥離したほうではそれがほとんどなくなっています。
北欧家具で例えるとわかりにくいですが、毛穴に汚れが残っている肌とそうでない肌の違いで考えていただけるとわかりやすいと思います。

loolではリクエストがない限り塗装の際着色をしません。
色つき塗料では毛穴の汚れは見えにくくなりますが、無着色だとごまかせないのできれいにしてやる必要があります。
ダイニングテーブルは天板が面なのでダメージなど目立つからです。
せっかく磨いて新しい木肌が出てくるのだから、飾らない本来の木の色で楽しみたいと考えています。


5. 塗装

↓ いよいよ塗装です。

loolではどうやって使われるか用途やリクエストをうかがって、着色したり、別の塗料を使ったり塗装を使い分けます。
オイルの塗装はデリケートなので、ドイツにあるオスモ社でレクチャーを受けてきました。

仕上げの塗装は最終的な仕上がりに影響しますし、みっちり親切に教えてもらえたので行ってよかったです。

↑ こちらもダイニングテーブルを構成する天板やエクステンションや脚などすべてのパーツに同じ作業をします。
特に天板はお茶や調味料などをこぼしたりとハードな環境なので一晩寝かしてもう一度塗装します。


6. できあがり

以上のような工程を経て、家具のクリーニングを行います。こういった作業をするとどうなるかというと・・・↓

おわかりいただけますでしょうか?わかりにくいですよね?
わかりやすくするとこういうことです↓


クレンジングして、新しい木肌を出して、また新しいお化粧をしたので新品のようなべっぴんさんになるのです。
ここからまた長い長い時間をかけて深く味わい深い色にやけていきます。
いかがでしたでしょうか?
このような作業がloolが定義する”クリーニング”です。
今回は北欧のダイニングテーブルですが、チェストやサイドボードなども基本的に似たような作業します。
どこまでやるか、という問題にはなりますが、基本的に人間と同じように手を施してあげます。
自動化できない、すべて手作業になるため時間がかかります。